写真:朝日をうける九重連山

撮影地:朝日をうける九重連山

【クラウン 車高調】RS-R GRS200 22/2〜24/11 推奨仕様 Luxury Best☆i (LIT290M:カー用品 カスタムハウス - a284a

2019-08-09
カテゴリトップ >  > RSR(アールエスアール)
【クラウン 車高調】RS-R GRS200 22/2〜24/11 推奨仕様 Luxury Best☆i (LIT290M車種: クラウン
型式: GRS200
駆動: FR
排気量: 2500 NA
年式: 22/2〜24/11
推奨車高調整幅(mm) : -5〜-60
推奨車高(mm) : -25〜-30
最大調整幅(mm): +65〜-120
推奨バネレート(kg/mm): 10
商品コード: LIT290M
減衰調整: ○
全長調整: ○
Fキャンバー 調整: ×
R車高 調整方式: 全長式
マッチンググレード: アスリート
備考: ロイヤルサルーン共通

【注意事項】
メーカー取寄せ商品です。ご購入前に在庫確認をお願いします。
※写真は参考画像になります
※推奨バネレート以外でご使用される場合、車高が上記データより変化します。マッチングは全て推奨レートのみで行っています。ハード仕様を選択された場合、推奨車高にするには全長調整またはロアシートにて車高調整をして下さい。バネレートがハードになる程車高は上がります。ソフト仕様の場合、バネレートがソフトになる程車高は下がります。従って車高調整幅も変化します。個体差はありますが、参考としてバネレート1Kにつき全長またはシート位置を約5〜10mm変化させて使用して下さい。但し、車種によっては1Kにつき10〜15mm程変化させるものもあります。あくまでも参考値ですので、あらかじめご了承ください。「メーカー開発車両の仕様での採寸データーに基づく数値となります。(ショック以外全て純正状態に限ります)」
※最大調整幅は物理的な最大調整可能範囲寸法からの数値であり、保証出来る走行可能な数値ではありません。走行可能な許容範囲については、推奨車高調整幅を参照してご使用下さい。
※推奨車高調整幅を超える範囲で調整を行った場合、タイヤ・アーム等がボディに干渉する恐れがあります。
※調整幅等「〜」と表示されている場合は装着可能ですが、メーカーにてデータがございません。

[減衰力調整が※1と表記されている場合]:車輌の構造上、ショック本体を取り外さなければ減衰力調整はできません。
[減衰力調整が※2と表記されている場合]:車輌の構造上、ショック本体を取り外さなければ減衰力調整はできません。オプションフレキシブルアジャスター装着により、ショック本体を取り外さずに減衰力調整が可能です。(車体側の加工が必要な場合がありますが、車体(ボディー)への穴あけ・加工等は保安基準適合外になりますので、自己責任でお願い致します。)
[フロントキャンバー調整が※3と表記されている場合]:キャンバー調整はできません。(車輌の構造上、フロントアッパーマウントは純正を使用します。アッパーマウント付きASSYではありません。)
[フロントキャンバー調整が※4と表記されている場合]:フロントナックル部にてキャンバー調整ができます。(一部の車種について、フロントアッパーマウントは純正を使用します。)

【送料・その他手数料】
送料無料(離島・沖縄・北海道はお届け地域により別途計算致します。)
代引き不可
振込手数料は御負担下さい。

RSR 車高調 代引き不可
価格
165,240円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
お届け地域により送料が加算される場合がございます   
在庫有りの場合、2〜5営業日での発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

政策一覧

廃棄物・リサイクル対策
廃棄物・リサイクル対策課では、廃棄物の不法投棄や不法輸出入をなくし、地方公共団体と一体になって廃棄物・リサイクル対策に取り組んでいます。
  • 循環型社会
  • リサイクル
  • 不法投棄
  • 有害廃棄物の輸出入
環境保全対策
環境対策課では、地域の自主的な環境保全活動の取り組みを推進し、環境パートナーシップの構築、地球温暖化防止に関する普及活動に取り組んでいます。
自然環境の保護管理
国立公園課では、重要な自然景観や、多様な生態系の保全・再生に取り組み、地域の自然や文化とのふれあいを深めるための下記の施策を展開しています。
野生生物課では、地域の産業や生活との共存を図りながら、多様なを行うとともに、外来生物対策等に取り組んでいます。
自然環境の整備
自然環境整備課では、国立公園等における自然環境整備を推進するとともに、適切な保全管理に取り組みます。
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ